インデックス投資女子 Around40 Happy Life初心者のアセットアロケーション設計体験 ≫ 〔実践編5〕今後の課題と感想!|初心者のアセットアロケーション設計体験

〔実践編5〕今後の課題と感想!|初心者のアセットアロケーション設計体験


■わたしの目指すアセットアロケーション2014年11月ver
無リスク資産30%、リスク資産70%
リスク資産配分内訳(先進国株:新興国株:日本国株=5:1:4)

期待リターン…4.04%
リスク…12.43%
100万投資したら、2標準偏差で20.82万【最大損失】


【課題1】リバランス期まで資産配分変更は待つ
アセットアロケーションができたとはいえ、現状投資しているものとは大きくズレています。現状のものは外国債も入っています。新しい計画と違う!なんだこの器はー!ガシャーン!って海原雄山並みにぶっこわしたくなりますが、本当に今の配分が自分に合わないという証拠もないじゃんか。女将をだせー!ってあたしが女将だよってかんじ。

まずは積立投資信託ってどんなもの?一年でどんな値動きがあるのかな?というのを超初心者のまだ低い投資額の間にじっくり観察するのも勉強かなということで、まだ変更しないことにします(むむっ、士郎め…)。

ほったらかす練習にもなるしね!生活防衛資金とってあるから、あと8ヶ月くらいほっといてもきっと大丈夫。


【課題2】最適な最適資産配分をする方法を考える
積立投資信託をしたい!と思ってやってみたら、じぶんが望んでいた投資方法はインデックス投資だということがわかりました。するとこんどは確定拠出年金やNISAというものを知りました。芋づる!

リスク許容度でアセットアロケーションを決定したように、こんどはライフスタイルや税制面を見つつ確定拠出年金やNISAなどを使って最適に配分しなきゃもったいない!?と感じるようになってきました。

こんどはこの辺りをきちんと考えて、それぞれどのように活用するか勉強してリバランス時に最適な最適資産配分を実行しようと思います。芋づるづる!


■アセットアロケーション設計をしてみてわかったこと
投資超初心者にとって、アセットアロケーションをつくってみるこがとっても大事とわかりました。どうしてかというと、じぶんのお財布のおおきさ?ちいささ?がわかるようになるから。

投資のトの字もわからないと、なんだか投資ってこわい。そして軸もないのにいろんなひとの意見や、本、ブログなんかをバラバラと取り入れがち。それで結局まとまらなくって、よくわかんないからやっぱり投資こわい!って、こわいこわいスパイラルに落ちていっちゃいます。←わたしだよ!(笑)。

いろいろな意見や本やブログを一通り聞いたり読んだりしたら、じゃあコレ!と、1つに方法を絞って実際につくってみちゃうのがとってもよいと思いました。わたしは水瀬さんの方法を元にじぶんなりに作ってみました。どの方法でもいいと思います。ひとまず決めるのはどうでしょう。どっちにしろ、リバランスをしながら進めていくものなのであまり難しく考えず、内容の精度よりもまずやりきることを目標にしてみる感じ。

そんなふうにやりきると、ひと通り考えたっていう実績と、とにかくやりきったっていう自信がつきました。相場がわかるとか、勝つ方法がわかるとか、そういうのはまーったくありません。あるわけありません。ただその実績と自信から、じぶんのお財布のサイズとそのお財布の中身がしっかりわかるようになります。アセットアロケーションよりも、じつはこれが大事だなーと思いました。
おしまい!

≪〔実践編4〕アセットアロケーション完成!|初心者のアセットアロケーション設計体験
■初心者のアセットアロケーション設計体験…全記事一覧

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 
関連記事

コメント

1. むむっ、四郎め…

どうでもいいところだけど、重箱の隅

山岡士郎

2. Re:むむっ、四郎め…

>まちゃらさん
ぎゃーす!ありがとうございます。
なおしましたー。
いやー、今日のメインですよ、そこが(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク