インデックス投資女子 Around40 Happy Life■インデックス投資実践中 ≫ 無リスク資産と国内債券についての考えをまとめました。

無リスク資産と国内債券についての考えをまとめました。

ブログ「いつか子供に伝えたいお金の話」の虫取り小僧さんが、「■分散投資に国内債券を入れる必要性あるの?現金じゃダメなの??」というとてもわかりやすい記事をUPされています。ふむふむと拝読していて、あ、わたしの無リスク資産についてや、国内債券についての考えをちょっとまとめておこうと思いました。忘れないようにしよー。


■おぱるのアセットアロケーション
生活防衛資金…生活費の2年半分
無リスク資産…40%
リスク資産…60%
【2015年4月ver】理想のアセットアロケーション/2015年8月実施に向けて


■おぱるの無リスク資産の役割
無リスクであること。
リスク資産のリスクを抑制すること。


■おぱるの無リスク資産の中身
個人向け国債変動10を買う予定でしたが、定期預金があるので数年はそれで代用します。
定期預金の満期がきたら個人向け国債変動10を購入する予定です。
MRFやMMFもいいなと思っています。
この3つはほぼ元本保証なので、わたしが求める無リスク資産にかなっています。
無リスク資産にあと4年は定期預金を含むことにした


■おぱるの「価格変動のある国内債券」についての考え
虫取り小僧さんのおっしゃる「価格変動のある国内債券」とは国内債券インデックスファンドなどのことです。個人向け国債変動10はほぼ元本保証だけれど、国内債券インデックスファンドにはリスクがあります。わたしは無リスク資産には無リスクであること、安全であることを求めているので、購入する予定はありません。

買うとしたらリスク資産の一部として購入します。でも現状のアセットアロケーションに債券は含まれていないのでいまのところ購入する機会はないかな。アセットアロケーションに国内債券を含めていたら、リスク資産として購入していたと思います。その場合は無リスク資産の個人向け国債変動10と、リスク資産の国内債券インデックスファンドは別物ととらえます。



というわけで、虫取り小僧さんの記事を拝見して、じぶんの考えをひとつの記事に整理することができました。ありがとうございます~。
アセットアロケーションが出来上がってくると、無リスク資産やふたつの国内債券についてもこれはこういうことだなと自然と見えてきたり疑問にかんじたりすることがたくさんありました。ムサコ会でこれってなあに?って聞いてみたり、Twitterで聞いてみたり、こうしてブロガーのみなさんの記事を拝見したりして、最後にじぶんで決めるものなんだなあと知りました。じぶんはどうするの?というのが大事で、こうするよってことをメモしておくと、迷ったときに立ち戻れるから便利だなー。
あ、いちいち「おぱるの」「おぱるの」と並べたのは、わたしの考えなだけですからねーという念押しです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 
関連記事

コメント

日本債券

この考え方、私もよく悩みます。
結果的に私は分散目的で日本債券を6:4の割合で個人向け国債と国債ファンドで分けることにしましたけど、リスクコントロール面での不安が拭えないから日本債券を完全に個人向け国債で統一することも考えてるんですよね。

かといって日本債券の強さはリーマンショックの時だけでなく、数十年暴落すると言われながら未だ健在というとこからも見せつけられてるから投資しないのは勿体無いとも思えますし 汗

ほんと、難しいですよね。(*_*)

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
DAILY ANDS「投資信託メンズ化計画」全5回 2017年7/28
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク