インデックス投資女子 Around40 Happy Life美術館・博物館 ≫ 頼むからコレだけは守ってくれ!美術館・博物館での鑑賞マナー3つ(土下座)

頼むからコレだけは守ってくれ!美術館・博物館での鑑賞マナー3つ(土下座)


ビンボーなので、ほしい美術品が買えません。ほしい美術品が買えたとしても賃貸ワンルームなんで、飾るところがありません。ロスコなんて買ったら床に敷いてその上に住むしかないです。それ以前に玄関からも窓からも入らないか…。なので美術館はありがたいところだなーと思って行きます。

最近だと、bunkamuraザ・ミュージアムの「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」に行ってきました。ボッティチェリって、ちょっと前までボッティチェルリってみんな言ってたよね、言ってたよねえ!?という動揺はさておき、ボッティチェリとその工房の作品が合わせて17点も渋谷に来てます。目玉である「受胎告知」なんて幅5メートル超えのフレスコ画がウフィツィ美術館から来てます。しかも直置き!ガラスケースなし!これはすごい!震災後は海外からの美術品があだこーだとありましたが、イタリアの太っ腹具合に頭が上がりません。マンマミーヤ!

そんなこんなで、都内の美術館には常に古代から現代までの世界の至宝が時空を超えたかのように集まっています。アツイゼ!ところがそのミーハー度が高ければ高いほど、これだけはやめてくれ!ってことが多発します。ほんと、やめて。鑑賞マナーってもんがあるんだぞ!ってことでマナーをお知らせします。目ん玉かっぽじってお読みくださいませ(痛い!)。



■美術館・博物館での鑑賞マナー
【鑑賞マナー 1】入館するときは、雨傘・日傘を傘立に預ける。
この季節、だいたい入口で止められているのはこのケース。雨傘や日傘を入口の傘立てに預けましょう。カギ付きなので盗まれる心配もありません。折り畳み傘はたたんで鞄に収まればOK。たまに傘は預けたくないと押し問答してるひとがいるけど、ホントやめて。殿中でござる!殿中でござる!素直に傘立てにいれましょう。


【鑑賞マナー 2】入館したらロッカーに荷物を預ける。
これでたいていのマナー問題は解決するので、ぜひ積極的に利用してください。館内にはコイン返却式の無料ロッカーがあります。100円を入れると戻ってくるやつです。スーツケースなどの大きい荷物は受付の方に相談すれば預かってもらえます。

また、バックやリュック、ツバのある帽子などは、混雑したときに周りの方々にぶつかるのに当の本人は鑑賞に夢中でまったくわかっていないことが多いです。知らぬ間に迷惑をかけてしまうことがあるので預けるのが一番。じぶんの幅以上を余計にとるような荷物や行為はやめましょう。

それに美術展って、意外と歩くんですよ。ざっと鑑賞するにしても1時間じゃ足りない。じっくりみようとすると2時間ってこともあります。常設展は作品が豊富だから特に時間かかるし、企画展と常設展を合わせてみたら3時間以上歩きっぱなしです。荷物は少ないにこしたことないです。わたしはいつも荷物を預けたら、ロッカーの鍵、チケット、520円(音声ガイド代金)、マナーモードにしたスマホだけ持って鑑賞しています。


【鑑賞マナー 3】ひとの前に立たない。ひとの視線の前に立たない。
これが意外と無頓着。作品鑑賞は、より近くで筆づかいやテクスチャなどを確認するだけでなく、作品から遠のいて全体の構図や印象も鑑賞します。一歩さがって全体を観ようとする方の前に、あ!空いた!とばかりに滑り込んでいく方がいるとガッカリです。それは空いているのでなく、鑑賞に必要なスペースなので遮らないようにしましょう。

ポイントは、動く前に後ろを振り返ること。じぶんの横が空いたなと思ったら、後ろを見てから動きましょう。後ろにだれもいなければ一歩進んでOK。後ろに誰かがいて作品を鑑賞している場合は、遠回りですがその方の後ろを回って進みます。これはほんとに大事なマナー。

とても大きな作品の場合は、離れた場所にソファが置かれています。そこがベストな鑑賞ポイントですよというマークでもあります。ぜひ座ってじっくり鑑賞してみましょう。先月鑑賞した根津美術館の「燕子花図屏風」は、近くで見ると岩絵の具の盛り上がりが物理的な陰影となってとても効果的に感じられます。そして一歩下がると燕子花の大胆なデフォルメが際立ち、そしてさらに離れたところにあるソファに座ると燕子花の繰り返しパターンがハッキリと観えます。空間全体を鑑賞するわけです。これをソファに座ってるのは休んでいるひとだろうとばかりに目の前をウロウロしてはいけません。近くにいる方がどこに目を向けているのか十分気を付けてください。



こんだけ。たった3つ。美術館・博物館でのマナーって超簡単。よろしくおねがいします(土下座)。
美術館にもいろいろあって、最近は写真撮ってもいいよ!というところも少なくありません。なのでスマホ持参。でもエリアで細かく分かれていることが多いので要注意です。マナーを守って鑑賞するひとがふえれば、ガラス越しに作品を観ることも減るでしょう。昔に比べれば断然減ってきています。みんなでがんばろー。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

関連記事

コメント

No title

はじめまして、わたなべです。v-531
共感いたしましたので、私も一緒に土下座します。

Re: No title

こんにちは、わたなべさん。
ともに土下座をありがとうございます。
やーほんと、美術館をより楽しめるようにしたいですよね〜。

ありがたいこと

素晴らしい美術作品を東京で味わえるなんて、
なんて素晴らしいことでしょう。
たいへん、ありがたいことです。
マナーというものは、感謝の気持ちさえあれば、
細かいことを言わずとも、自然と良くなるように思えるんですけどね。

Re: ありがたいこと

スイス鉄道のようにさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
素敵、感謝、素敵、ってのはみんな思ってるんじゃないですかね、ただそれをどうやって表明することが良い環境を組み立てるのに役立つかというのがてんでバラバラなのではないかと思います。

マナーというのは、ある時はハッキリと存在することでひとつの平和的環境を作るものだと思いますよ。

No title

私はイラストを好むので、イラストレーターの絵画展なんかは、たまに行ったりします。
イラストレーターの絵画展なんかは、本当に小さい部屋でやったりするので、こんな状況にはなったことありませんね。20~30分もあれば見終えてしまいますからでしょうか。

イラストがそれなり楽しめればいいと思っている自分は、数万円程度の絵(リトグラフ)を自宅に飾るようにしています。おかげでマンションのピクチャーレールにかけた総額は、絵画代金より高かったり。本末転倒ですね^^;

Re: No title

煙々さん、コメントありがとうございます。
わたしもイラストレーターさんの個展やギャラリーにも伺います。

やはりそのときは、鑑賞するというよりも買う買わないで見ますね。おもしろい。そして額の方がわりと値が張りますよね(笑)

No title

はじめまして、ゆっきーと申します。

かなりいい加減な、自己流のなーんちゃってインデックス投資をやっています。


九州の片田舎に住んでおり、上京(年がばれそうです)した折に立ち寄る、美術館・博物館を楽しみにしていました。

マナー①②は、自分のためにやっていましたが
③田舎者が、スマートかつ的確に行えるか。
opalさんと、わたなべさんの土下座にかけて

がんばります!(来週、挙動不審なオババを美術館で見かけたら私かもしれません・・・)

Re: No title

ゆっきーさん、コメントありがとうございます!
九州といえば、長崎県美術館に行ったことがあります。建築は隈研吾さんデザイン、ロゴやサインは原研哉さんデザインで凛と美しかったです〜。

3は、少しむずかしいのかな?でもぎこちなくねも、気にかけているよというのが伝わればマナーに十分かなってると思います。みんなが作品と楽しく会話できる空間、時間を持てるといいですよね!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
DAILY ANDS「投資信託メンズ化計画」全5回 2017年7/28
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク