インデックス投資女子 Around40 Happy Life美術館・博物館 ≫ 東京都庭園美術館「アール・デコの邸宅美術館建築をみる+ART DECO COLLECTORS」は平日撮影OK!

東京都庭園美術館「アール・デコの邸宅美術館建築をみる+ART DECO COLLECTORS」は平日撮影OK!

東京都庭園美術館「アール・デコの邸宅美術館建築をみる+ART DECO COLLECTORS」(~9/23水)を観に行きました。庭園美術館は企画にもよりますが、だいたい平日は撮影可能(土日は不可)なので、平日に行ってみました。この企画は特に庭園美術館の建物、旧朝香宮邸を鑑賞したい方にはぴったりです。

もともとあった家具やその時代の家具を展示しているので、当時のアールデコ建築とインテリアが総合的に鑑賞できます。


平日は撮影OK(本館のみ)

旧朝香宮邸はどこをとってもフォトジェニック!エントランスのラリック作品、シンボルでもある香水塔、大広間の印象的な照明などなど目を惹くものがたくさんあります。でもでも、ちいさな通風孔カバーやラジエーターカバーにも凝った意匠があり、詳しい知り合いによるとそのひとつひとつは今ではなかなか同じようには作れない素晴らしい技術によるものだそうです。





さらりとレンピッカが飾られていました。


引き戸が少し開けられていて、香水塔の見え方がドラマチック。


食堂にはテーブルコーディネートがされていて、雰囲気抜群。


朝香宮妃殿下のアイデアによる通風孔意匠。


踊り場の可愛らしいライト。


新館「ART DECO COLLECTORS」も見逃さないでね

本館をじっくり鑑賞したら、新館へ。新館に入るガラスのアプローチも見逃せないです。


新館での企画展「ART DECO COLLECTORS」は量こそ少ないですが、圧巻です。カッサンドルがずらり。ノルマンディー号、北方急行のポスターなど。ポスターの強さってあるよね。かっこいい!

年間パスポートを購入したので、ちょっとの時間でもいってみようかなと思えるのがうれしいです。金曜日は21時まで夜間延長公開をしているので、こんどは夜に行きたいな。

美術館で写真を撮ってどうするんだという意見もあるけれど、その場を、その情報を、いかに切り取ってじぶんのなかに取り入れるか、という参加型の楽しみ方として良いことじゃないかなと思っています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク