インデックス投資女子 Around40 Happy Lifeブログ ≫ 楽天証券でDC用インデックスファンド、9月18日より取扱スタート

楽天証券でDC用インデックスファンド、9月18日より取扱スタート

楽天証券でDC(確定拠出年金)専用のファンドを一般でも買えるようになるそうです。
すっごいーーーー!


楽天証券でDC用インデックスファンド、9月18日より取扱スタート


プレスリリース↓
楽天証券で最も低コストのファンドが登場! | PRTIMES


発売される4ファンド↓
三井住友・日本債券インデックスファンド
信託報酬年…年率0.16%(税抜)
ベンチマーク…NOMURA-BPI(総合)

三井住友・DC外国債券インデックスファンド
シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)連動
信託報酬…年率0.21%(税抜)
ベンチマーク…シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)

三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
信託報酬…年率0.25%(税抜)
ベンチマーク…(MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円ベース)

三井住友・DC新興国株式インデックスファンド
信託報酬…年率0.56%(税抜)
ベンチマーク…MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円ベース)

ひょええ〜!
特に青文字にした信託報酬がすっごいーーー!


わたしが購入しているファンドの信託報酬をチェック

わたしは楽天証券に口座を持っていません。この恩恵にあずかれないのか!と思ったけど、ちょっと落ち着けわたし。わたしの運用は、先進国株式80%、日本国株式10%、新興国株式10%という資産配分です。それに沿って積立購入・保有しているのが以下のファンド。信託報酬も併記してみました(実質コストではありません)。

【日本株】
・ニッセイTOPIXインデックスファンド[信託報酬:年率0.29%税抜]→積立中
・ニッセイ日経225[信託報酬:0.27%税抜]→保有のみ

【先進国株】
・SMTグローバル株式インデックスファンド[信託報酬:年率0.5%税抜]→積立中
・野村DC外国株式インデックスファンドMSCI-KOKUSAI[信託報酬:年率0.22%]→DCにて積立中
・MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 (1550)[信託報酬:年率0.25%]→NISAにて保有中

【新興国株】
・野村インデックスファンド新興国株式(Funds-i)[信託報酬:年率0.6%税抜]→積立中

【バランスファンド】
・セゾングローバルバランスファンド→積立停止・保有中


先進国株式と新興国株式の信託報酬が安くなるといいなと思っているところです。
楽天証券の三井住友・DC全海外株式インデックスファンドはSMTグローバル株式インデックスファンド約半分の信託報酬で魅力的だなーと感じました。でも、三井住友・DC全海外株式インデックスファンドは先進国だけでなく新興国も含んだファンドなので、差し替えというわけにもいかないです。


ちょっと、待ってみることにする

うれしいニュースにウキウキしましたが、ちょっと待ってみることにします。楽天証券さんを皮切りに、他の証券会社さんでもDC専用ファンドが買えるようになるのではないかという期待を込めて。

あとは、楽天証券のDCファンドに乗り換えとなると、三井住友・DC全海外株式インデックスファンドを購入することになり、リスク資産配分の把握がちょっと煩雑になっちゃうかなというのが心配。今みたいに、先進国、日本国株、新興国株とファンドがわかれてるほうがわかりやすいんだよね。でもそんな悠長なことをいってられないくらいの信託報酬の差でもありますね。

それにしても、今後はもうETFはいらないなーと言っても良くなりそうですね。コツコツと長期投資をするにはインデックスファンドのほうが便利だなと思っているので、その日が楽しみです!


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 
関連記事

コメント

信託報酬の差が・・・

積み立てているものと最安の差がかなり開いてきましたね~.
管理の手間や相手も下げてくるだろうという希望的観測などから気長に見守っていましたが、どうなるのかな・・・

ただ、おぱるさんも書いてますが、販売チャンネルは広がるだろうから証券会社まで乗り換えるまでは、まだ必要ないかなと私も思います.

今買っているファンドが最安に合わせてくれるのかベストな理想ですけど

Re: 信託報酬の差が・・・

くはさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
だいぶ差が出てきましたよね。
でもあと20年投資をするとしたら、もっといろいろ変わるだろうし、わたしは詳しいほうではないのでのんびり様子を見ながら考えようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
DAILY ANDS「投資信託メンズ化計画」全5回 2017年7/28
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク