インデックス投資女子 Around40 Happy Life主催オフ会「ムサコ会」 ≫ インデックス投資家オフ会 第11回「ムサコ会」

インデックス投資家オフ会 第11回「ムサコ会」


12月もムサコ会を開催しました。
いつもと同じく高級イタリアンにて。
今年の1月からスタートしたムサコ会、2月を除いて毎月開催してきました。
kenzさんはじめ、みなさまのおかげで続けられています。ありがとうございます!
とはいえ、今回kenzさんは病欠。ざんねーん。


11月ムサコ会参加メンバー

今回は大人数で11名でした。
・水瀬ケンイチさん「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
・ゆうきさん「ホンネの資産運用セミナー(インデックス投資ブログ)
 理想のアセットアロケーションとリバランス時の課税コスト回避は両立可能か?
・WATANKOさん「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!
・森村ヒロさん「ひと手間くわえた積立投資で資産形成」
・安房さん「海舟の中で資産設計を」
・tacaciさん「tacaciの投資ブログ」
ヤマモトさん
・スバルママさん「スバルママのおかねのはなし
・エマさん「ほったらかしINDEX投資の日々… ときどき大学生【慶應通信69期さくら組】
・鳩さん「鳩ノート
・おぱる


WATANKOさんの8年間の元本と評価額の推移表

WATANKOさんがご持参くださった8年間の元本と評価額の推移表で話が盛り上がりました。下落時にも休み無く積み立てていくとき、どんなお気持ちでしたか?などをお聞きしました。もちろんお聞きしたところでじぶんが下落相場を体験したらどうなるか、ということはまったくわからないんだけれど、先輩の生の声はとても興味深いです。

また、WATANKOさんのグラフは、最初の数ヶ月は元本のグラフしかなくて評価額のグラフがありませんでした。どうしてですか?とお聞きしたら、チェックしてなかったからという素朴なお答えでした。そっか誰しも最初っからシッカリ管理ができているわけじゃないんだと、ちょっと親近感を感じました(笑)。


動かざること山の如し!

水瀬さんからは投資を続けていると、ああしたいこうしたいと思うときもあるだろうけれど、そういうときの判断基準にする考え方があるという話をしていただきました。今悩んでいる商品や方法は、1000年前にあったかな?って考えてみたりするそうです。

一見極端な考え方かもしれないけれど、ずっと続いてきた&ずっと続くようなシンプルな方法で物事を見つめ直してみるというのは、確かに長期投資にとって大切なモノの見方だなと感じました。目の前に細々とした差異や問題を集めすぎると、本質が見えにくくなりがち。動かざること山の如し!

たとえば、低コストなインデックスファンドが出てきても、これまで積立をしてきたファンドは新規積立を停止して、新ファンドに今後は積立をすればいいよという話。保有のみしているファンドの本数が増えることは、フツウの状態だそうです。そこはシンプルにするポイントではなく、売買をしないというシンプルさを通した方がベターなのではという話でした。

一方で、どれだけ資産がおおきくなってきても新規積立分のコストはできるだけ低く抑えるよう気を配るという、疾きこと風の如しな一面もありました。もうそこまで資産が大きくなっちゃったら、新規積立分なんてたいした影響力じゃないじゃん!って開き直ったりしないのかな?と思ったけど、そんなことはなく、ちゃーんと気を配っている。なるほど。


額で把握するか、率で把握するか

リスク許容度を額で把握するひとと率で把握するひとがいるよね、という話になりました。たまたま今回集まったメンバーは率で把握する方が多かったです。率で把握すると、リスク資産と無リスク資産の割合、リスク資産内の割合は、総資産が拡大しても縮小してもわかりやすいのですが、額で把握しようとするとアセットアロケーションが崩れやすくなっちゃわないのかな?

元本がスタート時よりだいぶ大きくなりましたが、率のほうが柔軟に対応できるし投資方針がブレなくていいなと実感しています。ただリスク資産が年収や年収の倍くらいまでいったとき、ふと額を見てどう思うかはまだ分かりません。コツコツ投資していけば、額のもつインパクトにもちょっとずつ慣れていって率での把握を続けられる気がするけど…どうかなあ。


複雑なポートフォリオは把握できてるのかな?

何人かのブロガーさんのリスク資産のポートフォリオを拝見すると、かなり複雑です。アセットクラスごとにインデックスファンドを持っている上に、バランスファンドを組み合わせている方。バランスファンドを数本組み合わせている方。アセットクラスごとの比率や、先進国、日本、新興国ごとの比率の把握ってどうやってるのかなー?ってずっと疑問でした。わたしにはムリー!っていう複雑さ。

月末にちゃんとチェックしているよ!という方もいれば、細かくはちょっと…という方も。バランスファンドを取り入れるなら、メインがバランスファンド、強化したいアセットクラスをバラのインデックスファンドにする程度じゃないと、やっぱり把握は複雑なんだね…。

でも一番大事なのは無リスク資産とリスク資産の比率なので、そこさえ管理把握できていればリスク資産の分散具合が複雑で把握しにくくかったとしても、まあまあどうにかなるのではという丼勘定説もありました(笑)。ちゃんと把握していたいわたしにはちょっと向いてなさそうだけど。


大人数だったけどじっくり話せた!

その他にも、スバルさんの綿密なんだかザックリなんだかなキュートな側面を見ることができたり、鳩さんの図解しながら理解していく様子を横からふむふむと見ることができたり、ヒロさんのネタ帳の生々しさにそれだけで一晩呑めるぜ!って驚いたり、ヤマモトさんはツイッターと同じく常に紳士だわ〜と感心したり、tacaciさんからまさかの財布忘れた宣言があり会費を貸したりしました。毎回おもしろすぎるぞ、ムサコ会!
tacaciさん、ちなみに金利はトイチですのでよろしくおねがいいたします(嘘)。



ムサコ会に参加してみたーいという方は、twitterでメンションくださいませ。非公開コメントにメールアドレス記載などはNGです。よろしくおねがいいたします!少人数の会なので希望者全員をお呼びすることはむずかしいため、基本的には初心者女性を優先させていただきます。

またご参加の際には、初心者の方はこれは聞いてみたいなあってことをひとつふたつ持ち寄っていただくと嬉しいです。先輩たちは初心者ひとりひとりからその疑問をひきだしてくれると助かります。そういう視点はなかった!っていう発見があったり、そういえばそうだなあ!っていう再発見があったり、横で聞いているだけでとても勉強になります。よろしくおねがいいたします☆

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
DAILY ANDS「投資信託メンズ化計画」全5回 2017年7/28
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク