インデックス投資女子 Around40 Happy Life■インデックス投資実践中 ≫ リスク許容度について再確認&2016年もNISAを利用します

リスク許容度について再確認&2016年もNISAを利用します

株価が下がってると聞いて、証券口座を見てみました。
ほんとだ!評価額が昨年の夏とちょうど同じくらいまで下がっていました。


リスク許容度を再確認できた

今回たまたま見た時の含み損が、夏の下落時と同じ-8.6%でした。
夏に初の下落を体験して書いた記事がコレ。3つのことがわかった。↓
下げ相場でわかった3つの注意点&「ほったらかし」にするためにほったらかさなかったよ。

ひとつは、リスク許容範囲内でもずるずると長く下落が続く場合は、その範囲なんてあっという間に超えちゃうだろうなってこと。つぎに、また上がり始めてもすぐには回復しないんだなってこと。さいごに、いつ下がっていつ上がるのかは本当にわたしにはわっかんないなってこと。


今回も、これからさらに下がるかもしれないし、どうなるかはわからないけど、ひとまず許容範囲内であることを再確認できました。そして含み損額には、まだそれほど左右されないということも確認できました。

前回とはリスク資産の総額がかなり違いました。毎月フローから積立投資をしているし、夏以降はストックぶんをリスク資産に移行しているので、夏の下落時のリスク資産総額とくらべると今はその倍以上のオカネを運用しています。なので同じ-8.6%といっても額で見るとぜんぜん違います。でもわたしは額でなく率で管理&理解しているので、まだ問題に感じませんでした。これからもっとリスク資産総額が大きくなっていったらソワソワするかもしれないけど、慣れていかないとこれはなんともわからないところだなあと実感。

それよりも、アセットアロケーションで決めた通りの総資産のうち40%を無リスク資産に、60%をリスク資産にすると決めたことを実行している途中だし、それをキチンと管理せねばなということの方に意識がいっています。そしてこれを踏まえて、今年から120万円にまで上限枠が広がったNISAをどう利用しようか考えています。


2016年もNISAを利用します

わたしは昨年からNISAを使い始め、リスク資産比率は毎月積立しているポートフォリオと同じ、そして「NISAはオヤツ」という認識でいます。

詳しくはコチラ↓
NISAスタート

2015年のNISAは、リバランス月(7月)とその翌月(8月中旬)に100万円を使い切りました。ちょうどチャイナショックの前に使い切ったので、ずっと含み損のある状態です。この100万円はストックからリスク資産に移行したオカネで、毎月フローから積立投資をしているぶんは特定口座にしています。

今年のNISAはリバランス期に使い切るのでなく、毎月使うのもいいかなと思っているところです。買った時の値段にずっと縛られて感じることがちょっとニガテだったので、月々買って紛らわせることにします。

120万の枠は今年は使い切ると思います。来年か再来年になるとフローからだけの運用になるので使い切れるかは分かりませんがNISAはオヤツなので、まずアセットアロケーションに沿っているかどうかを判断基準にしつつ、低コストに運用できる方法は無いかという視点でチョイスしていくつもりです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
DAILY ANDS「投資信託メンズ化計画」全5回 2017年7/28
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク