インデックス投資女子 Around40 Happy Life美術館・博物館 ≫ 東京都庭園美術館「ガレの庭」展

東京都庭園美術館「ガレの庭」展


(作品画像はすべて東京都庭園美術館HPよりお借りしました。)
東京都庭園美術館「ガレの庭」展に行ってきました。東京でいちばん好きな美術館です。作品と建物がマッチする展示に毎回惚れ惚れします。


「ガレの庭」展

東京都庭園美術館
「ガレの庭」展
会場:東京都庭園美術館(本館・新館)
会期:20 年1月16日(土)–4月10日(日)
時間:10:00~18:00(一部夜間開館日あり)
※最終入館は閉館の30分前まで

この展示の面白さは、ガラス作品とその元となっているスケッチと一緒に鑑賞できるところです。どのようなイメージが造形に反映されているのかを見ることができます。

作品とスケッチを同時に鑑賞できる


この展示を楽しみにしていたのは、作品の元となったスケッチが見られるというところでした。

アイデアがどこまで造形に反映されているのか、ガレを観るときいつも気になっていました。ガラスの造形は一瞬でカタチをつくるところもあるので、あらかじめ決めたデザインがどこまで具体的に実現できるもんなだろーって。

また、スケッチは実現しなければいけないガイドラインなのかどうかも気になっていました。アイデアラフレベルのものなのか、守らなくてはいけない設計図なのか。

その答えは思った以上に明確にされていました。工房制であることや、意匠についての権利問題などもあり、とても現代的だなと感じました。また緻密な指示もあり、見応えがあります。もちろんフランス語は読めないので、解説文を熟読(笑)。


詩情をガラスで表現する


ガレの作品はとても詩的で、情景が表現されているものが多いです。世紀末的な情景を絵画のように、またはそれ以上に感じることができます。


実際にスケッチでみると美しさが際だっていますが、実際の花器や器になると途端に退廃的でロマン主義的な雰囲気に包まれるから不思議。ガラスの加工技術の的確さがそれを支えているんだと素人目にも感じられます。

夜間開館日もあるので、光の違いを楽しめます。わたしは夕暮れ時に2度行きました。おなじ花器でも、日のあたり具合で色の重なりも違って見えてとても魅力的でした。


この企画展は館内撮影禁止。エントランスのラリックも禁止でした。ざんねん。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク