インデックス投資女子 Around40 Happy Life■インデックス投資実践中 ≫ iDeCoや積立NISAが始まるとどうなるか楽しみ

iDeCoや積立NISAが始まるとどうなるか楽しみ

iDeCoや積立NISAで投資界隈(インデックス投資界隈しかしらないけど)が賑わってますよね。じぶんがどれをどう使うかは、もうちょっといろいろハッキリしてから考えるとして、今後どうなっていくかとっても楽しみです。


もらうオカネはじぶんの値段だったりする

わたしは給与アップやスキルアップを目指して、同じ職種で転職を数度しています。中途採用市場にいると、じぶんの値段がハッキリ見えます。また、フリーランスで活動しているぶんもあるので、この人からみたわたしの値段はいくら、こっちの人からみた値段はいくらとよくわかります。

なので、じぶんの収入にはじぶんの責任が主にあって、次に時代や景気ってものがあるよなあと感じています。就職氷河期世代ということもあり、じぶんのウリがしっかりあるひとはちゃんと売れて(採用されて)、そうでもないわたしは売れないっていう経験もしました(不採用)。


オカネはもらうだけでなく、つくることもできる

仕事だとこんなふうにじぶん自身の市場価値がもらうオカネを左右して、わたしみたいにそれほどでもねーというひとは大したオカネはもらえません。でもじぶん自身の持つ才能やスキルとは別にオカネを増やすこともできて便利だなーと思うのが、投資です。

もちろん最低限の金融リテラシーがあってこそだし、スタート時にじぶんにあったリスク許容度をわかるようにしなきゃいけないし、そのうえでどんな投資方法があってるかを考えなきゃです。

でもそれさえ済ませてしまって、じぶんは投資をしても大丈夫そうだ、投資をすることのリスクに腹落ちしたぞとなれば、自分自身の市場価値に左右されることなくオカネをふやすチャンスを得ることができると考えています。

相場がさっぱり読めず(というか読める人っているの?)、市場がどうなってるのか経済学者並に理解できないレベルのわたしでも、世界分散投資でコツコツ積立てしてバイアンドホールドしてれば、長い目で見れば数%の資産増の可能性があるってほんとありがたい。


iDeCoの積立NISA後の世界

iDeCoが広まって、積立NISAも広まったら、投資って生き馬の目を抜くようなあれでしょ?みたいな認識が徐々に薄まって、外貨預金するより世界分散投資をしたほうがいいんじゃないかとかが当たり前に広まったら、これからってどうなっていくのかなーと楽しみです。

会社に勤めてオカネもらってそれでおしまいという考え方だけじゃなくって、ライフスタイルに投資をふつうに取り入れることが当たり前になったら、いろいろ心に可能性が生まれるかなあ。働く期間とリタイヤする期間と分けて考える人もいるけど、そのへんもそこそこ働きつつそこそこ好きに生きるというのも広まるかなあ。どうだろう。20年くらい先の幸福観やライフスタイルがどうなってるのかが楽しみです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
DAILY ANDS「投資信託メンズ化計画」全5回 2017年7/28
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク