FC2ブログ
インデックス投資女子 Around40 Happy Life■暮らし ≫ 2歳児ワーママ転職。職探し2時間、転職活動開始から退職届提出まで1ヶ月でした。

2歳児ワーママ転職。職探し2時間、転職活動開始から退職届提出まで1ヶ月でした。

転職するつもりなんて全くなかったのですが、今の職場で「あー、むりかもー」となったので気晴らしに職探しをしてみました。すると良さそうな会社が見つかり、内定をいただいたので転職することにしました。

採用が決まってから、ワーママの転職は大変だと言われていることを知りました。マジか。

転職活動についていくつか記事を書いてみようと思います。今回は転職活動はこんな感じでしたっていう内容です。


職探し2時間、応募2社

転職活動は2日でした。1日求人検索をして、もう1日で履歴書と職務経歴書を作成して送付しました。そのうち検索は2時間くらい。履歴書などの作成は3時間くらい。何度か転職してるので過去の履歴書や職務経歴書を見ながら更新するだけ。

そのあと面接試験が3回あって、職探しをしてから1ヶ月未満で採用決定。内定後すぐに退職届を提出し現在有休消化中。あっけなかった。


対照的な2社だった

A社は長く続いている会社で手堅そうなところ。残業も少ない。給与は現在とほぼ同じ。募集職種は現職と違う。

B社はワンマン社長っぽくて残業多い。その代わり自由に働けそうな気配もある。給与は現在とほぼ同じ。募集職種は現職に似てる。


ちょっと違うかな?とか気にしない

A社は今私がやっている職種は募集されていませんでした。でも給与と会社の事業内容に興味があって応募。必要なかったら落としてくれるし、必要があるかもと思えば面接に呼んでくれるはず。

B社はわたしの仕事は募集されていましたが、スキルがひとつ足りませんでした。でも給与と会社の自由度に期待して応募。そのスキルがどうしても必要なら落としてくれるし、なくても良いなら面接に呼んでくれるはず。

転職を何回かしていますが、こっちはこっちで必要な条件で選んで応募すれば、あっちはあっちで不要なら落としてくれます。

応募する時点で心配する必要ない。面接に呼ばれても、ガチガチになる必要もなくて、おまえんとこがわたしに合うか見てやろうくらいの気持ちでいけば良いといつも自分を励まして転職活動しています。


チャレンジできる仕事をしたい、子どもがいるからこそ仕事を頑張りたい

転職の理由はこの2つ。
チャレンジできる仕事をしたいこと、子どもがいるからこそ仕事を頑張りたいということ。

これって社会人として当たり前の感情だと思う。まあ、ひとそれぞれではあるけれど。いつまでも同じような仕事をするより新しいこともやってみたいし、子育てはオカネもかかるから稼ぎ続けたい。

これを伝えて「わかる!」と言ってくれたのがA社。眉をひそめたのがB社でした。そういうわけでA社に入ることにしました。

以上が今回の転職でした。
いままでも何度か転職をしていて、業界専門のエージェントに登録もしていたので、職務経歴書を更新して問い合わせをするつもりだったけど、その前に決まっちゃったので問い合わせはやめました。こういうのはご縁だからなあ。


面接でガン見していた部分

いつも面接のときにガン見しているのは、服装、社員同士の会話の様子、会社の雰囲気です。

そこらへんでだいたい自分が入社したらどういう扱いをされるかがわかります。また、自分の希望を述べたときの面接官の反応。希望の程度にもよるけど、入社後どこまで何を言えるかがちょっとわかる。


先にA社の面接がありました。あれこれガン見する必要もなく、応募した職種よりも今の私と同じ職種で採用したいと、採用予定がなかった席を用意してくれました。履歴書や職務経歴書から人をよく見てるなあとびっくり。

2歳児がいるから急な体調不良の通院でお給料を減らしたくないとか、今やっている平日の習い事をお給料を減らさずに続けたいとかダメかなと思いつつお願いしてみたら、既存社員の働き方に反しない範囲で一緒に考えると即答してくれて、実際にそうしてくれた。


B社に面接にいくと、フリーアドレスっぽいデスクがあったり、フリースペースにスポーツマシンや人工芝があって自由な雰囲気にみえるけどそこには誰もいない。面接と言われていったら突然SPI試験もどきを受けさせられ3時間近く拘束されたり、そのうえ金満感あふれる社長夫妻が現れて人の経歴をあーだこーだいじってきて横柄だった。

フリーなデスクやスペースはあるけどカタチだけ、フリーなマインドはそこにないなって感じがしました。面接時間が異様にながかったり、予告なしに時間のかかる試験をするのは相手の時間を尊重しない社風だから常に長時間労働なんだと理解、そのうえ人の経歴をいじってくるのは人としておかしい。

このあとA社の二次面接に行ったら社長面接で、帰り際に雨が降ってきたら社長がちょっと待ってて!とビニ傘を持ってきてくれた。やさしい。


そんなかんじの転職でした。次回はどこで仕事を探したのかとか、そういうことを書こうかな。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 


関連記事

コメント

おつかれさまです!

びっくりしました。何がって、今までに前の職場の愚痴などを全くこぼされていなかったこと。
すべてが決まってから、さらっと報告するなんて。
匿名の場でもきちんとなさっているおぱるさん、かっこいいです。
きっとお仕事もできるのだろうな、と思いました。
絵もお上手だし……(最近、「アンパンマン描いて」「ワンワン描いて」と子どもに頼まれることが多いので、画力がうらやましい!)

Re: おつかれさまです!

いえいえ、ちゃんとしてたら今の会社で蝶よ花よと育ててもらえたかもしれません。でもまあ「ちゃんと」の基準が会社と私の間で違いがあったようです…。

わたしもなに何描いて!と頼まれて描くと、こぱるが「あれれ?」と悲しい顔を度々します(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

opal (おぱる)

Author:opal (おぱる)
アラフォー、既婚、会社員。インデックス投資信託を2014年8月からコツコツ毎月積立してバイアンドホールドを目指す。貯蓄、倹約そして浪費の日々もメモ。
弊ブログでは「アセットアロケーション」は無リスク資産を含み、生活防衛資金は含みません。「ポートフォリオ」「リスク資産配分」はリスク資産部のみを指し、無リスク資産や生活防衛資金は含みません。

【メディア掲載履歴】
日経ヴェリタス2015年11月15日号
Yen SPA! 2016年 冬 1/12号
東証マネ部!2017年 5/30
DAILY ANDS「投資信託メンズ化計画」全5回 2017年7/28
日経新聞web版 2018年 2/19
follow us in feedly

 

オススメ投資本

検索フォーム

スポンサードリンク